春先に人気の北海道の観光地や温泉、旅行先ってどこ?

日本さくら名所100選にも選ばれている、北海道最南端に位置している松前町にある「松前公園」。
こちらでは、250種類、約1万本もの桜が4月下旬から1ヶ月に渡って次々と咲き揃って行き、日本さくらの会から「さくらの里」の称号も贈られている、全国的にも有数の桜の名所でもあります。

 

夏の北海道を代表する観光スポットとして、一面にひろがる紫のラベンダー畑で有名な北海道中富良野町にある「ファーム富田」がありますが、ここでは春の彩りも十分に楽しめます。5月下旬から6月中旬にかけては、アイスランドポピーやチャイブ、オリエンタルポピーと、北海道の厳しい冬の寒さを乗り越えた春の花々が美しく咲き誇る姿を見る事が出来ます。

 

 

東京ドーム3個分の広さの敷地に、春から秋まで数十種類の草花が咲き乱れる花の楽園、北海道上川郡美瑛町の「四季彩の丘」。

 

こちらでは、季節ごとに咲く花々も変化して行き、その都度、様々な色合いで四季を感じる事が出来ます。5月に見頃を迎える赤やピンク、黄色や白など色とりどりのチューリップは、広い花畑を所狭しと咲き誇っているので、トラクターバス「ノロッコ号」やバギー、カートに乗ってゆっくりとその絶景を楽しんでください。

 

お腹が空いたら、北海道で有名なスープカレーは如何でしょうか。園内のレストランでは、地場産の野菜がゴロゴロと入っている美味しい野菜カレーを食べる事が出来ますよ。