小さい子がいる国内旅行のコツって?

大人だけでの旅行と違い、小さい子がいる国内旅行は何かと大変です。
荷物も多くなるし、お金もかかり、気苦労も多くて疲れてしまいます。
自然と億劫になって、旅行の回数が減ってしまうなんてこともあるでしょう。

 

では、楽しく子連れ旅行をするためには、どういったコツがあるのでしょうか?
出来れば、あまり遠くへは旅行しないのが良いでしょう。移動時間が長いと、子供は飽きてしまいますし、ぐずってしまう可能性があります。

 

最初は、なるべく近場を選ぶ方が良いでしょう。交通手段としては、荷物の多い子供連れですから、車が一番便利です。
交通費も車1台分ですので安上がりになります。それに、子供が騒いでも泣いても、周りに気を使う必要が無いのが大きいですよね。

 

途中で車を降りて、気分転換させることもできます。
新幹線や飛行機を利用する場合は、音のでない静かに遊べるおもちゃなどを用意しておくと良いです。

 

昼寝をするような乳幼児であれば、昼寝の時間を見計らって、飛行機や新幹線に乗せると、比較的周囲に迷惑かけずに済みます。

 

持ち物としては、健康保険証や母子手帳、体温計や薬は必ず持って行きましょう。
宿泊施設に小さい子供用のパジャマが無い場合も多いですから、パジャマは必ず持参してください。
また、布団を別に用意してもらうと、料金が発生する場合が多いです。親と一緒で充分寝れるときは、布団は不要で申し込む方が節約になります。食事や布団にかかる費用は、良く確認しておきましょう。